3/15、滑り込みセーフで確定申告!ポイント覚書

へなそうるの仕事 ウェブのしごと

今日は3月15日。

そうです。確定申告最終日です。

私はこういう事務仕事がすごい苦手で…

年が明けても、のらりくらりと放っておいて、昨日泣きそうになりながら書類を作り、今日ギリギリ、滑り込みセーフで納税してきました。

確定申告にあたり、来年のために覚書を記録しておきます。

来年確定申告しようかな、って思っている人はご参考になると思います。

とにかく領収書はとっておこう

先取り預金

領収書がないと、私みたいにギリギリで焦りまくることになります。

経費になる買い物はAmazonが便利です。

マイページの購入履歴から過去に遡って領収書をダウンロード、印刷することができます。

楽天市場の場合、領収書は購入先のショップからもらうため、何ヶ月も前の領収書を請求するのは憚れるので、購入時にすでに経費に計上したいものは、領収書希望と備考に書いてポチりましょう。

打合せに使った交通費も都度記録!

これは「あとでまとめて」ってやると、訳が分からなくなるので、すぐに記録するのがいいと思います。

マイナンバーがわかっていれば、住民票は不要

今回、税務署に行く前に区役所に寄って、住民票をもらいました。

確定申告にはマイナンバー必須です。

マイナンバーカードを持っていない人は住民票を取り寄せればOKです。

住民票を申請するとき、用途を書く欄があるので、そこに「確定申告用」と書いておきましょう。

住民票のマイナンバー記載は、特に申請がなければ印字されないそうなので、念のため口頭でも窓口に念押しした方がいいかもしれません。

住民票取得には300円かかります。

慣れてくればe-Taxでオンラインから申告可能

確定申告に慣れてきたら、e-taxでオンラインから申告可能です。

でも最初はわからないことも多いので、実際に税務署に行って聞きながらやった方が安心です。

色々用紙に記入して、最後にe-Taxでパソコン入力をするのですが、スタッフが付いて、指導してくれます。

副業の人は会社にバレないように!

家計簿

事前にネットで「サラリーマン 副業 確定申告 会社にバレない方法」などで調べておいたので、予備知識はありました。

ネットにあった説明は用紙上に記載されている「自分で納付」にチェックする、ということだったのですが、私の居住区の税務署では、e-taxでの入力になります。

で、おそらく自分でやってたら見逃すだろうな、という構成になっていて、副業で会社に絶対にバレたくない人は、マジで慎重にやらなきゃダメです。

写真は撮れませんでしたが、「自分で納付」にチェックを入れるためには、「次へ」というフローを勢いでやってると見落とします。

自分で納付する人だけ、ボタンを押さないと選択できるページに飛ばないようでした。

絶対に会社にバレたくない人は、税務署に行って確定申告をした後、その足ですぐに税金を支払ってしまうのがいいと思います。

収入が20万円以下の人は申告不要

ちょっとお小遣い程度の収入がある、程度で、年間収入が20万円未満の人は申告不要です。

ちなみにメルカリやヤフオクで売って得た利益は確定申告は不要です。

確定申告に必要なもの

  • 免許証
  • 住民票(マイナンバーがあれば不要)
  • 印鑑
  • 収益と経費をまとめて、わかるもの

ちなみにこれは、税務署で直接出した時の場合です。

郵送で確定申告書類を出す場合は、マイナンバーカードを持っていない人は住民票と、住所や名前、生年月日を確認できる運転免許証やパスポートなどの控えを用紙に貼り付けて提出しなくてはいけません。

3/15、税務署が閉まっちゃった!という場合

3/15の消印が有効になります。

確定申告の書類一式を角形2号(A4サイズの用紙を折らずに入れられる茶封筒)に入れ、自分の事業所(副業の場合は居住区)の税務署宛てに送付します。

ポスト投函だと翌朝回収、ということになると受け付けてもらえません。

税務署が閉まっていて提出できなかった!という人は、夜も空いている郵便局まで持って行って出した方が安心です。

ちなみに、送付方法は定形外です。ゆうぱっくなどの宅急便は受け付けてもらえないので注意してください。

青色申告・白色申告どっち?

副業を本格的にやり、継続的に来年以降も続けていくなら青色申告の方がおすすめです。

青色申告するには、複式簿記を付けなくてはいけなくて面倒なんですが、65万円の特別控除を受けられます簡易簿記でもいいんですが、その場合の特別控除は10万円にしかなりません

また、それほど収入がなく、経費ばかりかかって赤字の年が続いた場合、黒字に転換した年の事業所得に持ち込むことができます。

たとえば、1年目の収益は赤字100万円、2年目の収益も赤字100万円、3年目の収益が200万円となったとき、3年目の事業所得を相殺してゼロにすることができ、節税できます。

複式帳簿は、事務仕事が大嫌いな私にとっては大きなストレスになるので、おそらくクラウド会計のfeeeマネーフォワードあたりを利用することになりそうです。

年間1万円くらいかかりますが、これも経費に計上できますから、まぁ良いかな、と言う感じ。

今回は、前日の3/14に書類を整理して、本当にギリギリだったので白色で申告しました。

青色申告で来年申告するには、申請締め切りも確定申告締め切りの3月15日まで。(←知りませんでした)

青色申告の相談&申請の特設会場が確定申告のところにできていて、ちょうどいいから話を聞いてみようと思ったら、ものすごくアッサリと青色申告用紙と開業届の用紙を出され、「え?これで終わり?」というくらい簡単に青色申告申請と開業届申請が終了しました。

会社員が副業する場合、開業届なんて出せないと思っていたら、副業やパラレルワーカーやっている人は結構出しているみたいですね。

ちなみに、開業届を出しても、青色申告を出しても、会社にはバレないそうです。

事業所名も申請することで、WEBサイトで集客がしやすくなるだろうし、「よっしゃ!稼ぐぜ!」という気持ちになりました。

今日は仏滅なので、大安の明日の日付で開業届を出しました。

3月16日が開業記念日です♪

確定申告に当たっては、副業をしている人は1冊本を読んでおくことをおすすめします。

私もギリギリでしたがKindle版で購入し、すごく助かりました。

今までは会社を通してすべて税金等の面倒な部分は会社にやってもらっていましたが、今年からは自分でやることになり悪戦苦闘でしたが、これもいい経験です。

私が買ったおすすめ本

駆け出しクリエイターのための お金と確定申告Q&A

クリエイター向けの確定申告本です。

確定申告の方法だけでなく、クリエイターが永続的に稼ぐためには?みたいなマインドも書かれていて面白かった。

この本を読んでいなかったら、青色申告の申請は逃してたと思います。

フリーランス 税金で損しない方法

フリーランスの著者が、確定申告での節税方法をマンガを交えて教えてくれます。

おすすめのクラウド会計

会計ソフトはソフトインストール型と、クラウド型の2種類あります。

ソフトインストール型は、ひとつ買ってしまえばいいからお得かもしれませんが、タブレットやスマホとは共有できないし、PCを買い替えたときにインストールや設定をし直したりで面倒。

クラウド会計は月々約1000円前後で利用が可能で、予備知識がなくても入力すれば複式簿記を自動でつけてくれる便利なものです。

今回確定申告をしてみて実感しましたが、仕事が捗るとか、仕事に使うと便利とか、経費に計上できるものは悩まずにどんどん買った方がいい、ということ。

仕事が楽になる上、節税もできるんだから、ケチらずに買った方がいいです。

無料お試し期間で全部試してみて、自分に合った会計ツールを選ぶのがいいと思います。

おすすめ1位 マネーフォワード

会計ソフト マネーフォワード

仕分け件数が50件までだと年額無料で利用できます。

副業で仕分け数がそれほどない場合ならこれで十分かな…

ただし、無料プランは電話サポートや仕分けデータのエキスポートができません。

登録から30日だけはチャットによる質問ができますが、それ以降はできなくなります。

おそらく…質問したくなるのって12月あたりになると思うんですよね…

ベーシックプランだと月額800円で利用でき、電話サポートはつきませんが、チャットサポートならずっとつきます。

また、仕分け件数も無制限なので、無料版だと不安な人はベーシックプランの方が良さそう。

おすすめ2位 Freee

会計ソフト Freee

知り合いに使っている人が多い。クレジットカードと連携して、入力する手間を省いたり、経理や簿記の知識がなくても使えるクラウド会計ソフトです。

便利なのは自動仕分け。

「これって消耗品費だっけ?雑費だっけ?」みたいな悩みは一切必要なく、Freeeが自動で仕分けしてくれます。

パラレルワーカーや事業収益が1000万円以上超えたら税理士!

収入によっては個人事業主で青色申告をしてればいいと思うんですが、事業収益が1000万円以上になってきたら、税理士さんに丸投げでもいいかもしれません。

2000万、3000万と稼ぐようになったら、もう会社設立した方がいいでしょうから、税理士さんに頼むのが正解。

でも、どの税理士さんがいいかわからないですよね。ぼったくられるのも嫌ですし…

無料で税理士さんを探せるサイトがあります。全国に3000人以上の税理士が登録されていて、自分の理想の税理士を探すことができます。

税理士を初めて探す、というときは色々不安があると思います。

  • どういう税理士がいいのかわからない
  • そもそも今の収入で税理士が必要かどうか相談したい
  • 税理士費用をなるべく抑えたいけど、相場がわからないからぼったくられそう
  • 税理士の探し方を教えて欲しい

すでに税理士さんを使っている人は、こんな悩みがあるかも。

  • 今の税理士費用がすごく高く感じる
  • 毎月お金を払っているのに、税務に関するアドバイスや提案が全くない
  • 毎月会って相談したい
  • おじいちゃん税理士で先行きがちょっと不安。若い税理士に変更したい

完全無料なので、リスクゼロです。

これから税理士を探したいという人、今の税理士に不満がある人は相談してみたらいかがでしょうか。

ご参考にしてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。